帝王切開

こんにちは、看護士の芹澤です。
厳しい寒さが続きますが風邪はひいてないでしょうか?

私事ですが、退職が目前に迫り
皆様にご挨拶をしていく度に皆様の優しさや思いやりを思い出すとともに
さみしさがこみあげてきます。

そんな中で本日はおめでたい手術が無事に終わり
スタッフ一同でほっと笑顔をこぼしている最中です。

当院の患者さんのマルチーズのモリーちゃん。
先日妊娠が分かり、予定日が12月23日頃だったのですが
昨夜から朝にかけて体温が下がったので予定日より少し早い今日に帝王切開を実施しました。
お腹から取り出した子犬をこの手に受け取り、鳴き声があがるまで必死に処置をしました。
男の子2匹、女の子2匹、合計4匹!!
全員無事に大きな産声をあげて
お母さんのモリーちゃんも無事に麻酔から覚めました。
みんな元気に動きまわり、タオルをよじ登って自由に行動を始める子犬たち。
img_5039
img_5040
新しい命の誕生というものは本当にうれしいものです!
産まれて数時間後にはしっかりとお母さんのお乳をしっかり吸っていました。
誰が教えたわけでもないのに凄いですね!!
img_5041
モリーちゃん、よく頑張りましたね!!
img_5045
今後の成長が楽しみです。
最後に新しい命の誕生の手助けという素敵な仕事ができて本当によかったです!